歯科ではあらゆる材料や方法で、虫歯の治療が出来る

大切な歯を守るために

今後は予防のために歯科にかかることが重要になります

歯は痛くなってから歯医者に行くと思っている方も少なくないでしょう。 歯医者には治療をするために行くものだと思っている人も少なくないでしょう。 それはとても正しいことです。 ですが予防歯科という言葉を聞いたことがあるでしょうか。 予防歯科とは虫歯など歯の疾患にかかる前に予防を大切にするものです。歯科医や歯科衛生士の指導に基づくセルフケアで歯の疾患にならないことが大切です。 擦り傷とは違って歯は一度削ってしまうと元に戻ることは出来ません。また永久歯を抜いてしまえば歯が生えてくることはないのです。 そのため今後歯科にかかるときは治療するためだけでなく予防のために受診するということが大切な時代になってくるのではないかと思われます。

定期的な受診が大切になります

歯の予防で注意することは正しい方法でセルフケアを行うことだと思います。 例えば毎日歯を磨いていても虫歯になることってよくあるのではないでしょうか。自分ではちゃんと磨いているのにと思っていても、虫歯になってしまえば磨き残しができてしまったということになるのです。 このようなことがないためにも、歯科医院にいって歯科医や歯科衛生士の指導を受け、自分に合った適切なやり方で歯の手入れをすることが大切なのです。 しかしながら歯科医院で1度指導を受けたから後は受診しないでいいわけではありません。半年或いは1年に1回など定期的な受診が大切になります。歯の状態を見てもらうと同時に、歯の手入れの仕方を再び確認することがとても大切になると思います。