歯科ではあらゆる材料や方法で、虫歯の治療が出来る

定期健診の大切さとは

これまでの歯の健康についての考え方

「歯科医院に行くのは、むし歯ができた時や歯茎がおかしいとき。」といった考え方はもう終わりに来ています。 今まで日本人は、歯の健康に対してあまり関心がありませんでした。「年をとれば入れ歯は当たり前。」といった考え方が普通だったからです。しかし「80歳までに自分の歯を20本残そう。」といった8020運動が始まってから、少しずつ自分の歯の健康を考える人が増えてきました。 以前は歯科医院で定期健診を受ける人も少なかったのですが、最近は歯科医院から定期健診の案内がくるようになり、むし歯がなくても歯科医院で診てもらうといった考え方も、少しずつ定着しつつあります。 しかし、それでもまだまだ100%には程遠いのです。

これからの日本での考え方について

これから日本でも歯の健康については、ますます関心を持つ人が増えることは間違いないでしょう。そのためには地道な活動がとても大事です。ですから、あらゆる保健機関が啓発運動をおこなうことはとても大切なことなのです。 海外では、歯の定期健診を受けることは当然のこととなっています。半年に一度は歯科医院を訪れるほど、身近な存在でもあるのです。 ですから、日本でもそういった定期健診を受診する考え方が浸透し、歯の健康についてもっと国民が理解を深めれば、むし歯や歯周病といった歯の病気も確実に減るでしょう。 歯科医院も院内の雰囲気づくりに努めているところが増えてきています。もっと気軽に歯科医院を訪れることができるようになるといいでしょう。