歯科ではあらゆる材料や方法で、虫歯の治療が出来る

最先端の治療で行なう

進化している矯正技術

倉敷で矯正歯科をお探しという方に、進化している矯正歯科技術について紹介したいと思います。矯正というと、長い間金属の矯正装置を付けていなければならないというイメージがあるかもしれません。しかし最近の矯正歯科ではそのような問題を解決してくれる技術がでてきました。例えば、よく知られている銀色の金属の装置ですが、最近ではセラミックやプラスチック素材のものも出てきているのです。歯の色に近いため、パッと見は矯正しているように見えません。また、歯の内側に矯正装置を付けるものもあります。これなら外側からは矯正していることは分かりません。歯の内側が唾液で洗浄されるので虫歯になりにくいというメリットもあります。ここ倉敷ではこのような技術を導入している矯正歯科が多くあります。

子供の矯正技術も進化している

お子様の歯並びや噛み合わせが気になるという方にも朗報です。今は子供用の矯正歯科技術も進化しています。例えば、マイオブレイスは家にいるとき(1時間以上)と寝るときだけ装着すればよい不正咬合を改善する矯正装置です。ムーシールドは受け口を改善するマウスピース型矯正装置です。その他にも子供にも使いやすい装置が開発され、倉敷の矯正歯科で導入されています。口呼吸が多い、口があいたままである、歯が内側から生えてきた、指しゃぶりが長かったなど心配なことがあれば、お近くの倉敷の歯医者さんに相談してみてはいかがでしょうか。子供の矯正はあご骨が成長する6歳から14歳までの間に行なうことが推奨されています。この時期に適切な処置をしておけば良い歯並びと噛み合わせを育てることができます。